孫文の機転

赤坂の内田良平宅で行われた中国革命同盟会結成式。そこには、かなりの数の革命家が集まったと伝えられている。ところが、あまりに大勢の人間が詰めかけたため、会の途中、床が突然抜けるというハプニングが起こった。その瞬間、革命家たちの顔色がさっと曇った。いくら進歩的な革命家たちとはいえ、当時の迷信からも完全に自由であったわけではない。「床が抜けるなど不吉な…」誰もがそう思ったからである。だが、そこはさすが孫文。「清朝の屋台骨をぶち抜いたぞ!」ととっさに機転をきかしたため、一同はかえって気勢をあげたという。

 

関連記事

  1. 黄興墓

  2. 特別任務班の悲劇

  3. 旅順虐殺

  4. 上海租界の覇者サッスーン

  5. 五三〇事件と横光利一の『上海』

  6. 雲南陸軍講武堂旧址