劉永福故居

劉永福

黒旗軍の指導者として清仏戦争などに活躍した劉永福の旧居。太平天国の影響を受けた天地会の蜂起軍に参加した劉永福は、太平天国が崩壊した 1864年には靖西県の安徳で残 党を率いて黒旗軍を組織。清軍の圧迫を逃れ、200人あまりの兵を率いてベトナム領内 へと進入した。劉永福はそこでフランス軍を撃退し、ベトナム王から三宣副提督に任じら れるなど、その後の中国およびベトナムの反仏侵略闘争 に大きな戦功を立てた。また、のちに台湾に移り、日清戦争後に取り決められた日本の台湾領有にも独立軍を率いて 抵抗した。広西壮族自治区欽州市内南部、四馬路の北にある。

 

 

関連記事

  1. 周公館

  2. 中華ソビエト共和国 井崗山革命博物館

  3. 庚子烈士墓

  4. 周恩来祖居

  5. 淮海戦役総前委旧址

  6. 広安門事件跡