湛江人民抗法闘争旧址

広州湾に上陸したフランス兵

1898年4月、フランスは広州湾租借地問題を口実に湛江に強行上陸。これに怒った 付近の民衆は、同年7月ここを拠点に 抗法(フランス)闘争を開始した。旧址はも ともと清の雍正年間に建立された上林寺と呼ばれる寺院で、98年7月28日、門前 に指導者らが集まり、血をすすりあって決死の戦いを誓ったと伝えられる。東南郊の南柳 村にある。

 

 

関連記事

  1. 上海今昔

  2. 延安革命紀念館

  3. 満蒙独立運動関連史跡 カラチン王府

  4. 満州義軍

  5. 老頭溝「万人坑」跡

  6. 捻軍起義旧址