東交民巷

東交民巷

清朝末期から中華民国時代にかけて各国の大使館が置かれていた区域。1900年、義和団が北京に入城した際、公使館員家族と中国人 キリスト教徒約4000名が籠城したのはこの一画である。おもな歴史的スポットとしては義和団事件の際、籠城側の拠点となったイギリス大使館、 1917年、復辟をはかった張勲が逃げ込んだオランダ大使館、1924年、紫禁城を追われた溥儀が匿われた日本大使館、1927年に李大釗 が逮捕されたソ連大使館などがある。現在の長安街と前面東大街にはさまれた区域で、天安門広場の東側。

 

 

関連記事

  1. 西什庫教堂

  2. 平型関戦役遺址

  3. 南昌起義南下部隊指揮部軍事決策会議旧址

  4. 遵義会議会旧址

  5. 中国共産党の歴史

  6. 陳玉成墓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。