象鼻山

太平天国軍の武器

金田村から北上の途についた太平天国軍は1852年4月、当所に砲台を築いて桂林を攻略しよう とした。しかし、 桂林の守りは堅く、結局太平軍は攻略をあきらめ再度北上。全州方面へと向かった。象鼻山は、市の南端、桃花江が 漓江に注ぐところにある。

 

 

関連記事

  1. 故里山砲台

  2. 章太炎記念館

  3. 聶耳墓

  4. 百団大戦跡

  5. 望海楼教堂

  6. 梅園新村

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。