洪秀全生家

洪秀全生家

太平天国の指導者洪秀全が幼少時代を過ごした旧居。洪秀全は1814年、この近くの福源水村で生まれ、まもなく当所 に移ってきたという。故居は泥づくりの小さな建物で、なかには木製のベッドと机がひとつ置かれているだけの粗末 なつくり。洪秀全は少年時代、ここで科挙の勉強にはげんでいたが、病床で見た幻想をきっかけにキリスト教に 入信。29歳の時、拝上帝会を結成し、同郷の馮雲山らとともに広西方面へ布教に出た。そのさい、布教の テキストとした「原道救世歌」「原道覚世訓」などはここで書かれたといわれる。またとなりの建物は 洪一族の祖廟だったところで、現在、洪秀全故居紀念館となっている。広州市の北方、花県官禄坿村の入口にある。 【関連史跡】近くに干王洪仁干の故居がある。

洪秀全教学私塾旧址

洪秀全が村の子弟に学問を教えていた私塾跡。キリスト教信者となった洪秀全は、塾に祀ってあった孔子の位牌を片づけた ことをとがめられ、塾を追放されたと伝えられている。現在は小学校の 校舎となっている。花県新華郷蓮華塘村にある。

 

 

関連記事

  1. 江西革命烈士紀念堂

  2. 三烈士亭

  3. 天津覚悟社旧址

  4. 張氏帥府

  5. 長征 茅台鎮

  6. 熊成基墓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。