張楽行故居

捻軍の首領張楽行の生家。捻軍は太平天国時代、安徽から河南、山東にかけて蜂起した農民反乱軍で、 のちに太平天国軍と連携しながら反清闘争を展開した。張楽行はその 盟主として「大漢国」の王、「大漢明命王」を 自称した。渦陽県の県城西北の老張家村にある。

 

 

関連記事

  1. 濾定橋

  2. 溥儀旧居(満州国終焉の地)

  3. 三元里人民抗英団闘争紀念館

  4. 延安関連史跡

  5. 蔡元培故居

  6. 万宝山事件跡

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。