太平天国壁画

安徽省績渓県には太平天国時代の壁画が残っている。「攻城」「進軍」「怪奇小説」「俗謡」「題字」などをテーマ にした7つの壁画で、 なかでも「攻城勝利図」は、1860年に太平 天国軍が旌徳県の県城を攻撃した時の模様を描いたものとされる。芸術的 に素晴しいばかりでなく、きわめて貴重な歴史資料でもある。安徽績渓県の北、旺川村の曹氏の支 祠(九思堂)にある。

 

 

関連記事

  1. 万忠墓

  2. 李大釗故居

  3. 長辛店二・七記念館

  4. 秋瑾墓

  5. 臘子口戦役遺址

  6. 寿山将軍祠

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。