太平天国侍王府

侍王李世賢の王府跡。安徽・江西両省から浙江へ軍を進めた李世賢は1861年春、金華市を攻略し、ここに王府を 置いた。建物は、もと科挙の試験場だったところを改修したもの。当時の壁画が残っており、戦闘の様子や住民の生活、 さらに奇鳥怪獣などが描かれている。なお侍王李世賢は、忠王李秀成の従兄弟である。浙江金華市の市街にある。

 

 

関連記事

  1. 天津覚悟社旧址

  2. 靖宇陵園

  3. 太平軍樅陽会議旧址

  4. 厳復墓

  5. 陳玉成墓

  6. 庚戌広州新軍起義烈士墓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。