孫文の「大アジア主義演説」の真相

「北上宣言」を発し、北京へ向かった孫文は途中、神戸に寄港し、大勢の日本人を前に講演を行った。有名な「大アジア主義」演説である。そのなかで、孫文は武力を用いて人を圧迫する西洋文化を覇道文化、それと対称的に徳をもって人を慕わせる東洋文化を王道文化と称し、日本を含めたアジアの諸民族は団結して「王道」を貫かねばならないと主張した。そして、「日本が将来、西洋覇道の手先となるのか、それとも東洋王道の牙城となるのか、それはあなたがた日本国民が慎重に選ぶべきだ」と孫文は結んだ。これは日本がその軍国主義に走りつつあることに警告を発したものとこれまで一般に受けとめられてきたが、近年、落ち目になりつつあった孫文への支援をしぶる日本への嫌みであり、同時に支援を受け始めたソ連へのリップサービスにすぎなかったという指摘も出てきている。

大アジア主義の演説をする孫文

 

関連記事

  1. 五四運動 行進するデモ隊

  2. 魯迅の文学転向のきっかけ

  3. 広東革命歴史博物館

  4. 青幇の首領・杜月笙

  5. 三山会館

  6. 紹興魯迅故居