遼瀋戦役記念館

長春解放を告げる解放軍のラッパ隊

解放戦争の勝利を決定づけた三大戦役のひとつ、遼瀋戦役の歴史が紹介されている。日本敗退後、 人民解放軍は蒋介石の警告を無視していちはやく東北へ進駐。日本軍の武器をうばい、農村を中心に勢力をのばした。 その後、1948年9月、全面的な反攻が開始されると、林彪ひきいる東北野戦軍は、錦州を占領。 補給をたたれた東北駐屯の国民党軍は、まもなくせん滅された。「満州」の重工業地帯を手中にし、 また人民解放軍の質的および量的な強化をもたらしたこの遼瀋戦役は、のちに人民解放軍が全中国を解放するうえで 大きな意義を持つ戦いであった。館内には、錦州攻撃のジオラマをはじめ、6000点あまりの資料が展示されている。 錦州駅の北側。錦州烈士陵園の奥にある。

 

 

関連記事

  1. カラチン王府跡

  2. 彭湃生家

  3. 節兵義墳

  4. 太平天国金田蜂起歴史陳列館

  5. 瀋陽鉄道蒸気機関車陳列館

  6. 金璧東旧居