梅園新村

梅園新村

支那事変勝利後、中国共産党の代表団事務所が置かれた区域。周恩来・董必武・葉剣英らが駐在し、 蒋介石側と戦後処理について談判・交渉を行った。当時、建物のまわりには国民党から派遣された 多くの特務(密偵)が、代表団の行動を常時監視していたという。地番でいえば17号が代表団本部、 30号が周恩来の事務所兼宿舎、35五号が董必武・葉剣英らの宿舎だった。現在、 革命記念館として一般公開されている。新街口の東。中山東路から中江路に入ったところ。 天王府のとなり。

 

 

関連記事

  1. 冉荘地下道戦遺址

  2. 楊虎城公館

  3. 沙面

  4. 天安門広場

  5. 馬炮営起義会議旧址

  6. 上饒強制収容所革命烈士記念館