黄河決壊跡

黄河決壊を報じる新聞

1938年6月、徐州を追われた蒋介石軍は、花園口付近で黄河の堤防を爆破し、日本軍の追撃をかわそうとした。 だが、決壊した部分からあふれ出た水は、奔流となってまたたくまに河南平野全域をのみこみ、 90万人の溺死者を出す惨事となった。その後、解放直前の1947年に決壊部分が修復されるまで、 このあたりは泥土で覆われた不毛の土地となっていたという。現在は灌漑技術がすすみ、 空の青、植樹の緑がコントラストをなす美しい渡し場となっている。鄭州市の北18キロの黄河南岸。

黄河決壊後の農村

 

 

 

関連記事

  1. 梅園新村

  2. 厦門大学魯迅紀念館

  3. 斯諾墓(スノー墓)

  4. 宋慶齢故居

  5. 武漢戦跡

  6. 八宝山革命公墓