通州事件跡

通州事件を伝える当時の新聞

1937年7月29日、通州の中国人保安隊3000名が、同地に駐屯していた日本軍守備隊および 日本人居留民をいっせいに襲った。日本人200人あまりが犠牲になったこの事件は、その殺害方法があまりにもむごたらしかったこともあり、これをきっかけに「中国討つべし」の声が日本国内に一気に高まることになった。通州は北京東方、 現在の通県。

 

 

関連記事

  1. 満鉄本社

  2. 焦荘店地下道戦遺跡記念館

  3. 四方炮台遺址

  4. 安源労働運動記念館

  5. 江西革命烈士紀念堂

  6. 麻山事件跡