廊坊事件跡

廊坊駅

廊坊

廊坊事件は、1937年7月25日、軍用電線の修理のため当地に派遣された日本軍部隊が、中国軍に射撃され、 両軍の衝突を引き起こした事件。和平に向けて動き出していた日本側を牽制し、無理矢理戦争に引きずり込もうとした中国側の策謀であったという見方もあり、翌日に発生した広安門事件とともに日中全面衝突を不可避とした一連の挑発事件のひとつ。廊坊は 北京と天津との間にある。

 

 

関連記事

  1. 北京孫中山関連史跡

  2. 中華ソビエト共和国 井崗山革命博物館

  3. 古寧頭戦史館

  4. 斯諾墓(スノー墓)

  5. 秋瑾生家

  6. 溥儀旧居(満州国終焉の地)