宣武門外第一監獄

川島芳子

1945年8月、日本が敗退すると、国民党政府は支那事変中、日本側に協力した中国人を漢奸(裏切り者) として一斉逮捕に乗り出した。満州国建国前後、東洋のマタハリ、満州のジャンヌダルクとして 一世を風靡した川島芳子もこのとき、北京へ乗り込んできた国民党特務によって捕えられ、 ここへ収監された。その後、彼女が日本国籍を取得していたかどうか(日本国籍であれば漢奸の罪には問えない) などをめぐって裁判が繰り広げられたが、結局、漢奸と認定され、1948年3月25日早朝、 銃殺刑に処せられた。享年42歳であった。なおこのとき銃殺されたのは「身代わり」で、 本人は金を積んで処刑を免れたというまことしやかな説も流れている。しかも後日、 その証人となる人物も現れたといわれ、真相は今もって明らかではない。現在の北京監獄。宣武門外南西の濠沿い。

 

 

関連記事

  1. 台児庄戦跡

  2. 上饒強制収容所革命烈士記念館

  3. 天安門上から中華人民共和国の成立を宣言する毛沢東

  4. 上海宋慶齢故居

  5. 満州国の歴史を史跡でたどる

  6. 百団大戦跡