爆弾三勇士事件跡

爆弾三勇士

上海事変の真っ最中の1932年2月22日、日本兵3名が爆弾をかかえて敵の鉄条網に突入、そのまま爆死した。当時、マスコミはこれを「爆弾三勇士」と称し、その勇気を称えた。戦後、それは間違って導火線を短く切ってしまったために起こった事故にすぎず、それをマスコミが意図的に戦意高揚に利用したという見方も出てきたが、いずれにせよ命を盾に敵陣に突入したことは事実であろう。むしろ死者を貶めるそうした批判にこそ裏に何らかの意図を隠しているように思うのは私だけだろうか。現場は 虹口公園北方の廟行鎮。

 

 

関連記事

  1. 焦荘店地下道戦遺跡記念館

  2. 辛亥保路紀念碑

  3. 広州コミューン旧址

  4. 東北抗日連軍兵士

  5. 弥栄村跡

  6. 西太后と頤和園