天長節事件跡

天長節事件

天長節事件の現場跡。1932年4月29日、天長節(天皇誕生日)を祝って日本軍による大観兵式が 虹口公園で催された。この際、祝賀会の式台に突然、爆弾が投げつけられ、壇上に並んでいた 白川義則大将はこの時の傷がもとでのちに死亡、重光葵公使は右足切断の重傷を負った。 犯人は朝鮮独立党の志士尹奉吉。爆弾は水筒に擬装されていたという。場所は虹口公園。

 

 

関連記事

  1. 瑞金中国工農紅軍総政治部旧址

  2. 満蒙資源館

  3. 松潘

  4. 聶耳墓

  5. 楊虎城公館

  6. 北伐誓師大会会場遺址