中村大尉殺害事件跡

中村大尉

1931年6月、興安嶺方面の軍事地形を調べるため関東軍から派遣された中村震太郎大尉が、 現地の中国軍により殺害された事件。この事件によって日本国内および満州在留邦人の間に中国討つべしの機運が高まり、 3カ月後、満州事変が勃発した。内蒙古自治区の蘇鄂公爺付近。烏蘭浩特から近い。

 

 

関連記事

  1. 兵諫亭

  2. 太平天国忠王府

  3. 葛雲飛墓

  4. 徐州会戦跡

  5. 八女投江紀念地

  6. 綏遠事件