麻山事件跡

開拓団

開拓団遭難の地。1945年のソ連参戦後、黒龍江省・鶏西付近に入植していた哈達河開拓団の 一行は林口へ向けて避難を開始した。8月12日、麻山谷で先頭集団がソ連軍に遭遇、 さらに後方からも戦車部隊が迫ってきた。リーダーは近くにいた日本軍に救援を依頼。 ところが日本軍は「われわれの任務ではない」とこれをつっぱねた。ここにいたってリーダーは、 男は斬り込み隊を結成して突撃、女と子供は集団自決することを決定。みずから拳銃を持って ソ連軍の前に飛び込むと、それに続いて400人をこえる集団自決が行われた。 場所は黒龍江省林密線の麻山駅付近。林口の近く。

 

 

関連記事

  1. 太平天国歴史博物館

  2. 八一南昌起義賀龍指揮部旧址

  3. 張鼓峰事件跡

  4. 李大釗墓

  5. ホロンバイル事件跡

  6. 大成国王府遺址