通化事件跡

降伏する日本軍兵士

1946年2月3日、日本敗戦後、通化に進駐してきた中国共産党軍は市内在住の日本人に対し、過酷な弾圧を行った。それに対し日本人が武装蜂起を行ったこの事件によって決起部隊の大部分が戦死し、残った日本人も獄死するなど 合わせて1000人以上が犠牲になったといわれる。一説によると国民党軍が裏で蜂起を画策したといわれるが、真相はいまだ謎のままだ。戦闘は市内各地で発生したが、 もっとも激しかったのは、当時中国共産党司令部が置かれていた龍泉ホテル周辺での戦い。また、 戦闘の合図となった烽火は市内東隅にある玉皇山で上げられた。

 

 

 

関連記事

  1. 朱徳同志旧居

  2. 万宝山事件跡

  3. 徑県新四軍軍部旧跡記念館

  4. 捻軍起義旧址

  5. 満鉄社宅

  6. 双清別墅(毛沢東旧居)