万宝山事件跡

万宝山事件

1931年7月2日、朝鮮から入植した朝鮮人農民が用水路の開設工事をめぐって地元の中国人農民と 衝突した事件。その直後に発覚した中村大尉殺害事件とともに関東軍によって満州事変の格好の 口実に仕立て上げられた。長春の西北約30キロ。扶余市と長嶺を結ぶ中間にある。

 

 

関連記事

  1. 蒋翊武就義処紀念碑

  2. 太平軍樅陽会議旧址

  3. 周恩来同志紀念館

  4. 大韓民国臨時政府旧址

  5. 竜華公園

  6. 顧正紅紀念館