元帥林(張作霖墓)

元帥林(張作霖墓)

奉天軍閥張作霖の陵墓。1928年の死後、息子の張学良によって着工されたが、1931年の満州事変の勃発によって工事は中断。結局、完成を見ずに終わった。陵園内には、獅子や馬をかたどった華麗な石刻が数多くあるが、その大半はかつて北京の隆恩寺にあった清太祖ヌルハチの子アバタイ親王の墓地から運んできたものという。市東方の大夥房ダムの北東、鉄背山駅の西3.5キロのところにある。

 

 

関連記事

  1. 東亜同文書院

  2. 臘子口戦役遺址

  3. 広安門事件跡

  4. アヘン戦争戦跡 定海

  5. 遼瀋戦役記念館

  6. 秋瑾生家