鞍山製鉄所

鞍山製鉄所

鞍山製鉄所、のちの昭和製鋼所の跡。鞍山製鉄所は、経営の多角化を進める満鉄が、1917年に設立した巨大な製鉄所であった。鞍山の鉱区は、鉄鉱埋蔵量約3億トン。最盛期には年間28万トンの産出量を誇り、日本と満州の重工業化を進める上で大きな役割をはたした。現在は鞍山鋼鉄公司と呼ばれ、武漢、包頭と並ぶ中国三大鉄鉱コンビナートのひとつとなっている。市内東北、駅の裏手にある。

 

 

関連記事

  1. 焦山抗英砲台遺址

  2. 弥栄村跡

  3. 天津覚悟社旧址

  4. 斯諾墓(スノー墓)

  5. 中国人民抗日戦争紀念館

  6. 蔡鍔墓