葛雲飛墓

天津条約調印式

1841年、イギリス軍が再び定海を侵犯したさい、定海鎮総兵の葛雲飛がこれを迎撃。66日間にわたって激しい戦闘を 繰り広げたが、ついに力尽きて戦死、その後、生まれ故郷である当所に葬られた。杭州の東南、粛山県臨浦鎮前王湾村にある。

 

 

関連記事

  1. 太平天国烈士墓

  2. 天長節事件跡

  3. 虎門アヘン戦争博物館

  4. 武昌起義軍政府旧址

  5. 三山会館

  6. 上饒強制収容所革命烈士記念館

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。