焦山抗英砲台遺址

アヘン戦争のさい、イギリス軍を迎え撃った清軍の砲台跡。1842年7月、南京をめざして長江を遡上したイギリス艦隊 に対し、鎮江を守備していた清軍は決死の抵抗をこころみたが、清軍はほぼ全員が玉砕、城内にいた女性の多くもイギリス兵に よって凌辱され、殺害されたという。この鎮江の戦いは、アヘン戦争史上もっとも凄惨な戦闘といわれる。市内長江に浮かぶ 焦山にある。

 

 

関連記事

  1. 嘉興中共一大会址

  2. 袁世凱墓

  3. 万宝山事件跡

  4. 金銭会起義遺址

  5. 中国共産党第一次全国代表大会会址

  6. 会寧会師遺址

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。