関天培墓

アヘン戦争時、広東防衛の任に当たった広東水師提督関天培の墓。関天培は、虎門海岸でのアヘン焼却に協力するなど、林則徐 のアヘン禁止の主張を積極的に支持した人物。だが、1841年2月、イギリス軍のチャールズ・エリオットが虎門要塞を 攻撃したさい、靖遠砲台で孤軍奮闘、ついに壮烈な最期を遂げた。そのさい、イギリス戦艦ブレンハイム号は弔砲を鳴らして 哀悼の意を表したといわれる。淮安県の県城東方、周家荘の東南にある。

 

 

 

関連記事

  1. 爆弾三勇士事件跡

  2. 四方炮台遺址

  3. 陳化成墓

  4. 永安州城遺址

  5. 三烈士亭

  6. 満州国の歴史を史跡でたどる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。