婁山関

婁山関

1935年2月、遵義を出発した紅軍は、ここで敵軍と最初の激戦を繰り広げた。古くから戦場となった天険で、 そのさい毛沢東が詠んだ「秦娥を憶う婁山関」という詩を彫った碑が建てられている。遵義県の大婁山にある。

 

 

関連記事

  1. 長征中の兵士

  2. 広東革命歴史博物館

  3. 満鉄鉄路総局

  4. 二・七記念塔

  5. ホロンバイル事件跡

  6. 鄒容墓