彭湃生家

彭湃

中国共産党初期の農民運動指導者、彭湃の生家。1896年、当所にうまれた彭湃は、広州の学校を卒業した あと21歳で日本へ留学。早稲田大学で政治経済をまなんだ。留学中に社会主義思想にふれ、帰国後、故郷の海豊で農民の組織化に尽力。1922年、広東初の農民協会、赤山約農会を設立した。その後、中国共産党に加入し、要職を歴任。1927年の南昌蜂起にも参加し、同年10月には蜂起部隊をひきいて南下、海豊に中国初のソビエト政権を樹立した。だが、29年には国民党軍にとらえられ、33歳の若さで刑死した。広東の東南部、海豊県海城鎮の東方、竜舌埔にある。

 

 

関連記事

  1. 旅順 粛親王王府跡

  2. 星ケ浦海岸

  3. 張楽行故居

  4. 康有為生家

  5. 庚子烈士墓

  6. 彝海結盟遺址