中共閩浙江委旧址

中共閩浙江委旧址

1930年代、閩(福建)浙(浙江)江(江西)の省境地帯に設けられていた革命根拠地跡。省政府、 軍区司令部・新聞社・学校なども置かれ、この地方一帯の革命の中心地となっていた。旧址は大型の民家で省委員会書記の方志敏の執務室と居室があった。壁にはいまもなお当時の標語が残っている。江西の東部、 福建に近い横峰県の北方、葛源鎮楓樹鴻村にある。

 

 

関連記事

  1. 東北抗日連軍の兵士

  2. 濾定橋

  3. 秋収蜂起軍の腕章

  4. 麻山事件跡

  5. 楊靖宇記念館

  6. 地主打倒を訴える紅軍のスローガン