瑞金中共中央政治局旧址

瑞金の指導者たち

中華ソビエト共和国の政府機関は、1933年4月、葉坪からここ沙州覇に移ってきた。中央政府跡をはじめ、 毛沢東や張聞天らの旧居、中国工農紅軍総政治部跡、レーニン小学校跡などが現存している。また1933年1月、国民党によって上海を追われた中共中央政治局が置かれた場所でもあり、博古(秦邦憲)らが ここで執務を行い、起居した。瑞金県の沙州覇。

 

 

関連記事

  1. 満鉄本社

  2. 李大釗故居

  3. 譚嗣同墓

  4. 宋教仁墓

  5. 紅軍強渡大渡河遺址

  6. 馮子材墓