中華全国総公会旧址

中華全国総公会旧址

1925年の第2回全国労働大会の後、全国の労働者階級を指導する統一機関として創設された中華全国総公会の跡。 副委員長に劉少奇を迎え、一時、全国の労働運動の策源地となった。国民党左派の廖仲凱が暗殺されたのもこの場所で、 現在その記念碑が建っている。市内越秀南路89号。

 

 

関連記事

  1. 日本人工農学校宿舎跡

  2. 周公館

  3. 関天培墓

  4. 中美合作所集中営旧址(白公館)

  5. 中国共産党の歴史

  6. 北京孫中山関連史跡