0

愛琿歴史陳列館

ロシアと国境を接するこの町は18世紀以来、ロシア人コサックによる東方進出に抗する清国側の最前線基地となってきた。この辺境の小さな町が、有名になったのは1858年、 ロシアとの間に結ばれた愛琿条約がきっかけである。ここにある愛琿歴史陳列館には、そうしたロシアによる侵略とそれに対する中国民衆の抵抗の歴史が数多くの資料とともに展示されている。

なかでも興味深いのは、1900年の義和団に乗じてロシア兵がこの地に侵入した際、発生した中国人虐殺事件を描いた絵画である。これは、アムール事件と呼ばれ、中国人25000名が虐殺されたといわれる。なお陳列館のある場所は、 1600年代末期に設置された黒龍江副都統の駐在所跡で、愛琿条約もここで結ばれた。黒竜江省黒河の東南にある。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す