抗日連軍の女性兵士8人が、抗日戦のさなか自決した場所。1938年10月初旬、冷雲、楊貴珍、 安順福ら抗日連軍第5軍の女性戦士8名は、牡丹江支流の烏斯渾河にさしかかったところで、 満州国討伐隊と遭遇。勇敢に戦ったが、最後の弾薬までも打ち尽くしてしまった。 もはやこれまでと観念した8人は、次々に激流のなかに身を投じた。林口県の烏斯渾河の西岸。牡丹江市内にも八女投江記念館がある。

 

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す