蒋介石の反革命クーデターによって第1次国共合作が終わりを告げた1927年8月7日、 中国共産党は臨時拡大会議(八七緊急会議)を開いた。会議では、国共合作失敗の原因は、 総書記である陳独秀の右翼日和見主義路線にあるとして陳独秀を解任。代わりに瞿秋白を総書記 とする新しい指導部を選出した。さらに土地革命と武力闘争を今後の方針として採択。湖南・湖北・江西・ 広東四省で秋収蜂起を行うことを決定した。また、毛沢東が「政権は銃口から生まれる」 と発言したのはこの会議である。武漢市の漢口のバン陽街139号。

0
こちらは電子本です。豊富な写真付きです。
第一集<アヘン戦争・太平天国・洋務運動>編
第二集<辛亥革命・国民革命>編
捏造支那近現代史の旅出版部→

コメントを残す