延安関連史跡

延安の毛沢東
延安の毛沢東

大長征を終えた紅軍は最初、保安(現在の志丹)に入った。だが、黄土台地にある保安は侵食が 激しく道も狭かったため、1937年1月延安に進駐し、ここを新たな根拠地とした。以来10年以上にわたって、 中国共産党はここを「赤い首都」として支那事変、解放戦争を戦い抜いた。西安の北方、 約250キロの黄土高原の山中にある。「中国革命の聖地」として多くの史跡が残っている。

 

スポンサーアド

 

延安宝塔

延安のシンボル宝塔
延安のシンボル宝塔

革命の聖地延安のシンボル。明代の創建になる九層八角形の塔。市街の東、宝塔山の山頂に建つ。

清涼山革命旧址

当時、この山の中腹に新華社や解放日報社、中央印刷工場などが設けられていた。 唐代から宋代にかけて掘られた石窟寺院の万仏洞もある。延河をへだてた東北方。

鳳凰山麓革命旧址

毛沢東の住居跡
毛沢東の住居跡

毛沢東ら共産党幹部の最初の住居跡。この地方独特の窰洞(ヤオトン)形式で、山の斜面に掘られた洞窟を そのまま利用している。毛沢東は、ここで「実践論」「矛盾論」「持久戦論」など数多くの論文を執筆した。 またカナダ人医師ノーマン・ベチューンと会見した場所でもある。現在、毛沢東と朱徳の旧居が残っている。 市内中央、鳳凰山の麓。現在の延安賓館の近く。

【関連史跡】鳳凰山の南麓には、陝甘寧辺区政府参議会旧址がある。

楊家嶺革命旧址

延安時代、共産党幹部の住居は戦況を反映して何度か移転しているが、この楊家嶺は、 鳳凰山麓についで2番目の引っ越し先となった場所。並木道を通って旧址内に入るとすぐ目の前に中央大講堂があり、 その背後、山の斜面にはりつくように幹部の旧居が残っている。いずれもこの地方独特の窰洞である。 毛沢東は、ここで「新民主主義論」を執筆した。市内西北の楊家嶺にある。

棗園革命旧址

中共幹部の住居跡
中共幹部の住居跡

毛沢東ら中共幹部の3番目の住居が置かれた場所。毛沢東らは、1940年から47年までの間に 2度にわたってここに住んだ。棗や杏などが生い茂る美しい林の中にあり、敷地内には小講堂をはじめ、 作戦研究室などの建物が残っている。裏山にはやはり窰洞形式の住居が残っており、ふもとにあるのが劉少奇、 彭徳懐の旧居、山上にあるのが毛沢東、朱徳、周恩来の旧居である。市内西北。延安大学の近くにある。

王家坪革命旧址

中国共産党大会堂跡
中国共産党大会堂跡

中国共産党の中央革命軍事委員会と八路軍総部の所在地。毛沢東、朱徳、葉剣英らの旧居がある。 市の西北、王家坪村にある。

南泥湾

大生産運動
大生産運動

1941年、日本軍と国民党軍による封鎖によって打撃を受けた共産党支配地区では、局面打開のため、 中共中央の指導で大生産運動が展開された。そのモデル地区となったのがここ南泥湾。八路軍は、 もともと荒れ地だったこの土地を開墾し、肥沃な農地に生まれ変わらせた。延安の南東90キロ。

日本人工農学校宿舎跡

延安工農学校の日本人
延安工農学校の日本人

支那事変中、八路軍の捕虜となった日本兵の多くは前線から延安まで移送されたのち、 ここで共産主義による再教育を施された。教育にあたったのは日本共産党の野坂参三らである。 宝塔山の麓にある。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

1 Comments

  1. 日本人工農学校宿舎跡について
    捕虜となった日本人を処刑もせず、あまつさえ優遇し、再教育を施したことは浪花節を好む日本人からすると毛沢東の温情主義によるものと考えがちだ。だが、敗戦を機に共産革命を引き起こす敗戦革命という計画が実際にあったことからすると、そうした温情的な政策の背後にあったのはソ連の意志であったとみるほうが適切なように思う。要するにソ連と中国は戦後、彼らを日本革命の実動部隊として日本に送り返す算段だったのだろう。

Leave a Comment

Optionally add an image (JPEG only)