0

湯崗子温泉

sponsored ads

sponsored ads

1931年11月、天津を脱出した溥儀は、営口に上陸すると甘粕正彦らの出迎えを受け、そのまま汽車に乗せられ湯崗子温泉へ直行。満鉄が経営する高級旅館対翠閣に案内された。そこで数日間、事実上の軟禁状態に置かれた後、溥儀の身柄は旅順ヤマトホテルへと移された。当時、溥儀が泊まったのは、対翠閣の2階洋室。市の南郊外15キロ。

 

スポンサーアド

 

sponsored ads

sponsored ads
sponsored ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。