0

秋収起義文家市会師旧址

sponsored ads
文家市
文家市

第1次国共合作が崩壊した後の1927年9月、武漢を脱出し、湖南にもどった毛沢東は、 収穫期に合わせた農民軍による秋収蜂起を試みた。だが、内部からの裏切りもあり、 蜂起は数日もたたないうちに失敗が明らかとなった。そこで、毛沢東は当初の計画の長沙奪取をあきらめ、 湖南と江西との境にある井崗山にのぼって兵力を温存、再起を期することにした。ここは、 そのさい毛沢東が蜂起部隊を集め再編成した場所で、瀏陽県の文家市にある。もとは清代に建てられた学校跡で、 建物の壁には当時描かれた革命スローガンが、ほぼ完全な形で残されている。また旧址内には当時の資料を集めた 「秋収起義陳列館」がたてられている。長沙の東方、瀏陽県の文家市にある。

sponsored ads

sponsored ads

【関連史跡】近くに高陞嶺戦闘遺址と河口大屋革命漫画遺址がある。

 

sponsored ads
sponsored ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。