0

章太炎記念館

sponsored ads

清末の革命家・章太炎の記念館。章太炎(章炳麟ともいう)は1869年、浙江余杭の生まれ。1903年、 『蘇報』事件の主犯格として鄒容とともに禁固刑を受け、2年間の獄中生活を過ごした。出獄後は、東京へわたり、 同盟会の機関紙『民報』で、梁啓超らの保皇派と激しい論戦を展開、世論を革命派の優勢に導いた。章太炎は、徹底した 民族主義者として知られ、当時中国人の間で一般的だった長袍は北方異民族の服、日本の呉服こそ本来の漢民族の伝統を 受け継ぐものとしてもっぱら呉服を愛用したという。晩年は日本の中国侵略に反対し、蒋介石の無抵抗主義を きびしく批判した。1936年の死去。館内には、その遺品や著作などが数多く展示されている。杭州市西湖の南岸、 花港観魚に近い南屏山麓にある。また、章太炎の墓は、南天竺(龍井路)の演福寺にある。

sponsored ads
sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)