長征 大雪山

トップ > 時代別歴史 > 土地革命

長征 大雪山

大雪山

1935年6月、万年雪をいただくチェン峡山脈にさしかかった長征軍は、これまで誰も試みたことのない 大雪山越えを行った。最大の難所は、海抜4000メートル級の夾金山。紅軍は、ほとんど防寒装備を持たず、 大勢の兵士が凍死した。「大雪山越えは長征の大きな試練であった。風雨や氷やひょうが耐えず、 紅軍を襲った。数百の同志が倒れて2度と起き上がらなかった。しかし、 紅軍はその屍を越えて前進した!(毛沢東)」。チェン峡山脈は、四川成都の西方に南北に横たわっている。


写真資料
関連スポット
参考リンク

中国ホテルをもっと安く!日本語予約OK!
日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP