通化事件跡

トップ > 時代別歴史 > 満州国

通化事件跡

通化
降伏する日本軍兵士

1946年2月3日、日本敗戦後、進駐してきた中国共産党軍に対し、日本人が突然武装蜂起を行った。 通化事件と呼ばれるこの衝突によって、決起部隊の大部分が戦死し、残った日本人も獄死するなど 合わせて1000人以上が犠牲になったといわれる。一説によると国民党軍が裏で蜂起を画策した といわれるが、真相はいまだ謎に包まれている。戦闘は市内各地で発生したが、 もっとも激しかったのは、当時中国共産党司令部が置かれていた龍泉ホテル周辺での戦い。また、 戦闘の合図となった烽火は市内東隅にある玉皇山で上げられた。


写真資料
関連スポット

日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP