柳条湖事件跡

トップ > 時代別歴史 > 満州国

柳条湖事件跡

瀋陽
柳条湖事件跡

満州事変の直接のきっかけとなった柳条湖事件の発生現場。1931年9月18日夜、瀋陽駐屯の 独立守備隊の河本末守中尉らは、ここで満鉄線をねらって爆薬に点火。これを中国軍のしわざとし「満州」武力占領の 口実をつくりだした。「満州国」時代、日本側によって記念碑が建てられていたが、戦後、 中国側によって倒された。現在、その碑は「九・一八残暦碑」となっており、近くの望花街に 「九・一八事変陳列館」が設けられている。現在、現場付近には中国側による「九・一八残暦碑」と 記念館が新しく建立され、一般に公開している。市の北郊、于洪区の柳条湖にある。崇山東路と 望花街の立体交差の北側。北陵公園から213路のバスで「化工廠」下車。

●九・一八歴史博物館公式サイト(中国語)

関連スポット

日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP