金日成読書記念堂

トップ > 時代別歴史 > 満州国

金日成読書記念堂

吉林
ハバロフスク野営訓練所での東北抗日連軍将兵
金日成は前列、右から2番目

朝鮮独立運動の指導者金日成が、青年時代に学んだ吉林毓文中学跡。吉林毓文中学は1917年の創立で、 金日成が在学していたのはちょうど「満州国」建国前後の1930年代はじめごろといわれる。 東北における学生運動とメッカとしても有名で、35年には当局の圧力によって閉鎖された。 学校を中退した金日成は、その後、本格的な抗日活動に入り、やがて伝説的な抗日運動指導者となっていった。 館内には当時の生徒用の帽章・ボタン・机・椅子などが展示されている。場所は市内南西部、 臨江広場近くの吉林毓文中学。


写真資料
関連スポット

日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP