八女投江紀念地

トップ > 時代別歴史 > 満州国

八女投江紀念地

林口県
八女投江紀念碑

抗日連軍の女性兵士8人が、抗日戦のさなか自決した場所。1938年10月初旬、冷雲、楊貴珍、 安順福ら抗日連軍第5軍の女性戦士8名は、牡丹江支流の烏斯渾河にさしかかったところで、 「満州国」討伐隊と遭遇。勇敢に戦ったが、最後の弾薬までも打ち尽くしてしまった。 もはやこれまでと観念した8人は、次々に激流のなかに身を投じた。林口県の烏斯渾河の西岸。

『虹色のトロツキー』
激動の昭和初期満州の大冒険歴史アドベンチャーロマン! 日本とモンゴルのハーフである主人公の青年・ウムボルトが辿る数奇な人生を通じて、「国家」「民族」「大陸」について我々が忘れているテーマが語られます。主人公らがこの八女投江の現場となった北満州の荒野をさまよう場面もあります。当サイト管理人もおススメの必読書です!

写真資料
関連スポット

日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP