談判大楼旧址

トップ > 時代別歴史 > 国民革命

安源労働運動記念館

萍郷
労働者向け夜学校で使用された教科書

安源鉱山におけるストライキの際、労使の代表が話し合いを行った場所。1922年9月中旬、労働者側の 全権代表李立三と劉少奇は、鉱山主側の代表と直談判を行い、労働者側の要求をのませることに成功した。建物は、 もともと炭鉱の事務所だったところで、ストライキ中は鉱山主側の戒厳司令部が置かれていた。向いの安源山に 安源路礦工人運動紀念館がある。萍郷市の安源鉱区の高山にある。

写真資料
参考リンク
関連スポット

日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP