0

北京孫中山関連史跡

sponsored ads

孫中山逝去記念堂・孫中山行館

sponsored ads

晩年の孫文
晩年の孫文

辛亥革命の指導者、孫文臨終の建物。1924年、第2次奉直戦争後の混乱を収拾するため、「北上宣言」を発し、 広州から北京へ向かった孫文は、途中病に倒れた。肝臓ガンの末期であった。いったん北京の協和医院に入院したものの、 死を覚悟した孫文は協和医院を出て、ここで最後の日々を過ごした。だが、病状はしだいに悪化し、翌年3月12日朝、 宋慶齢夫人はじめ多くの友人が見守るなか、「革命いまだ成功せず」の言葉を残して59年にわたる波乱の生涯を 閉じた。建物は現在記念堂として一般公開されており、内部には死の床となった寝室や、「孫文遺嘱」 を展示した応接間などが残っている。市内東城区張自忠路23号。故宮の東北、地安門東大街と交道口南大街が交差する 一角。崇文門から出ている108路トロリーバスを利用するのが便利。
孫中山紀念堂
北京で死去した孫文の遺体は、当初、市内の碧雲寺に安置された。ここはその碧雲寺の 一部を改装して紀念堂と したもので、堂内には孫文の胸像とソ連政府から寄贈された棺が置かれている。堂内には孫文の「ソ連への書簡」 をはじめ、辛亥革命に関する多くの文献・資料が展示されている。北京市香山の碧雲寺にある。

sponsored ads

協和医院
天津で肝臓ガンに倒れた孫文は1925年1月26日、当時北京最大だったこの病院に入院した。だが すでに末期症状に入っており、治癒は不可能と診断された。現在、首都医院という名でも呼ばれて いる。北京市東単北大街。

sponsored ads

中山堂
孫文の死後、一時その遺体を安置したことがある。もとは皇帝が休んだり、雨中で祭祀をしたりするのに使った建物で、 市内中山公園内にある。

sponsored ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)