0

三友実業社跡

sponsored ads

sponsored ads

1932年1月18日、勤行中の日本山妙法寺の僧侶が、たまたま通りかかった工場の前で、 中国人暴徒によって殺害されるという事件が起った。日本政府はこの事件を重大な挑発と見て、 上海駐屯の海軍陸戦隊に出動を命じた。これに対して、中国軍部隊が応戦、ここに第1次上海事変が勃発した。 戦後、この事件は満州事変に対する列国の関心をそらすため、上海公使館付武官・田中隆吉と女スパイ川島芳子らが 仕組んだ謀略であったという説が浮上してきたが、真実はいまだ闇の中である 。現場は楊浦公園の南、引翔港近くの馬玉山路。

 

スポンサーアド

 

sponsored ads

sponsored ads
sponsored ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。