0

劉永福故居

sponsored ads

スポンサーアド

黒旗軍の指導者として清仏戦争などに活躍した劉永福の旧居。太平天国の影響を受けた天地会の蜂起軍に参加した劉永福は、太平天国が崩壊した 1864年には靖西県の安徳で残 党を率いて黒旗軍を組織。清軍の圧迫を逃れ、200人あまりの兵を率いてベトナム領内 へと進入した。劉永福はそこでフランス軍を撃退し、ベトナム王から三宣副提督に任じら れるなど、その後の中国およびベトナムの反仏侵略闘争 に大きな戦功を立てた。また、のちに台湾に移り、日清戦争後に取り決められた日本の台湾領有にも独立軍を率いて 抵抗した。広西壮族自治区欽州市内南部、四馬路の北にある。

sponsored ads
sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)