0

李大釗故居

sponsored ads
李大釗
画像をクリックすると李大釗故居へ飛びます

スポンサーアド

中国共産党創設者の一人、李大釗の生家。李大釗は1889年の生まれ。1913年、 天津の北洋法政専門学校卒業後、日本に留学。早稲田大学政治本科で学んだ。日本留学中、マルクスレーニン主義に触れ、 帰国後『庶民の勝利』『ボルシェビズムの勝利』などの論文を執筆し、共産主義の中国への普及につとめた。1918年、 北京大学の経済学教授兼図書館主任に就任。当時、北京大学の図書館員として働いていた毛沢東にも思想的な影響を 与えたといわれる。1920年4月、コミンテルンのヴォイチンスキーの奨めにより、上海の陳独秀とともに中国共産党を 結成。以後、中国共産党の最高幹部のひとりとして、また中国におけるマルクス主義の第一人者として北方区での工作を 担当した。だが、1927年4月、全国的な「赤狩り」の嵐が吹き荒れるなか、張作霖政府によって処刑さ れた。故居は河北省楽亭県の県城東南の大黒村にあり、河北東部の典型的な民家のつくり。記念館が併設され、 写真や遺稿、遺品などが展示されている。

sponsored ads

sponsored ads
sponsored ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。