中国捏造近現代史の旅

ストリートビューでたどる真実の中国近現代史

廊坊事件跡

time 2018/07/16

廊坊事件跡

廊坊事件は、1937年7月25日、軍用電線の修理のため当地に派遣された日本軍部隊が、中国軍に射撃され、 両軍の衝突を引き起こした事件。和平に向けて動き出していた日本側を牽制し、無理矢理戦争に引きずり込もうとした中国側の策謀であったという見方もあり、翌日に発生した広安門事件とともに日中全面衝突を不可避とした一連の挑発事件のひとつ。廊坊は 北京と天津との間にある。

 

スポンサーアド

 

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

down

コメントする



Optionally add an image (JPEG only)

アヘン戦争

エピソード

上海

北京

台湾

四川省

土地革命戦争

太平天国

山東省

広東省

江蘇省

洋務運動

浙江省

甘粛省

貴州省

雲南省

黒竜江省